Editor's note 2020/9

熱海の花火 2020

私を初めて蔵王に連れて行ってくれたのは6期の松本栄一さんだった。1958、9年のシーズンだったか。栄ちゃんもザンバも、日比野さんに誘われて楽友会に入った。栄ちゃんのパートはトップテノールだった。80年代には、川崎三田会のゴルフ会を仕切っていて、毎回誘われて横浜方面のゴルフ場に出掛けた。楽友会では8期のポンコが常連だった。栄ちゃん、亡くなって11年が過ぎた。懐かしい人だ。


6期生: 下村 中谷 日比野 松本 飯田 石塚  1961.3

その後も、私は蔵王に60年以上通い蔵王ハイム・スキースクールの最古参になってしまった。このスキースクールを1965年に創設した日本一のスキー指導者、岸 英三に出会ったことが、私のスキー人生を決めてしまった。中央ゲレンデでの運命的出会いは1962年3月だった。当時は、パラダイス・ロッジで希望する客にプライベート・レッスンをしていた。


Eizo Kishi,2006.5

自分のロッジを持ち、スキー・インストラクターと生徒が一緒の屋根の下で寝食を共にしながらスキー指導をすることが夢だった親父は、スクール開校の準備にインストラクターの養成を始めた。私は彼らと一緒に練習をさせられた。よく親父の後ろについて滑ったものだ。オヤジは現在98歳で元気にしている。コロナ禍になる前の2月初めに、山から下りて老人ホームまで顔を見に行って来た。毎年、一度は顔を見に行く習慣になっている。


Minako

80年代から90年代初め頃、蔵王ハイム・スキースクールのインストラクターだった美奈子は私の2女のコーチだった。毎年、子供スキー教室を担当していたのだ。

さてさて、熱海や二宮とかでは、夏になると花火大会が開催される。昔、筑紫さんの家から二宮海岸の花火大会を見たのを思い出す。隅田川花火と違い、遮るものがない海辺で上げる花火は美しく独特の雰囲気が味わえる。

今年の熱海花火では、中止延期になった「東京オリンピック2020」で打ち上げるために作られた特別の花火をあげたのだそうだ。そのテレビ中継があったらしいが、美奈子の知人がビデオに撮りmp4ファイルにして送ってきた。それを私のFacebookのMessengerに送ってくれた。

一目見てぶったまげる美しさ。花火のデザインが従来とはまるっきり違い、これまで見たことのないデザインの玉、上げ方のプログラムもまるで違っている。

 

(2020/9/7・かっぱ)


編集部追記 6期生の集合写真は上智会館で開催された「追い出し会1961/3」でのものです。この日は島田さん、村瀬さんは欠席されたようで写真には入っていません。女声陣は当時の普段の練習にも出ていませんでした。会にも参加していません。(2020/9/10・かっぱ)


次の稿
FEST