リレー随筆コーナー

ハノイ音楽談義


末続  靖@ハノイ12)


@  ハノイでヴェルディーを唄う

さてここハノイで、4月から、唄いはじめました。

ハノイ・フロイデ合唱団と言う日本人の集まりです。

最初のいきさつは知りませんが、ハノイに居る「唄好き」が集まっているようで、S/A/T/B共に5-6名のメンバー、全体だと30人くらいになります。

全員が「唄キチ」かと言うとそうでもなく、音楽学校の声楽の出のレベルも居れば、「大学では自動車部だった」なんてのも居て、うまいのからど素人まで、色々です。

今年は、VNSP(ヴェトナム・ナショナル・シンフォニー・オーケストラ)の伴奏で、ヴェルディーのレクイエムを、本名 徹次(ほんな てつじ)の指揮で10月にやるそうです。「エッ、それじゃあ半年もない!!!」と焦りますが、この合唱団のほかにも、HIC(ハノイ・インターナショナル・クワイアー=外国人の唄キチの集まり)や、ハノイの音楽学校の生徒やそのOB/OGが加わるそうです。

そうでしょうね。いくらなんでも素人30人でヴェルディーはやれない。

そのあと12月には「第九」をやるそうで、これも大変だと思います。

合唱の指導(下振り)は、「昔、同志社のグリーで振っていた」人物です。

本番は本名 徹次氏と言う芸大の管楽器出身の指揮者です。

先々週の週末には、新しく工場を建てた日系企業の「開所式パーティー」に呼ばれて、2-3曲歌って、昼飯にありついてきました。今度はどこかの老人ホームを慰問に訪れるそうです。と、こんな具合で歌を楽しんでいます。

A ベトナム・ナショナル・シンフォニー・オーケストラでチャイコフスキーを聴く

昨夜、VNSOP(ベトナム・ナショナル・シンフォニー・オーケストラ)のチャイコフスキープログラムを聴きに行きました。

ハノイには、パリのオペラ座を模した、オペラハウス(Nha Hat Lon Thanh Pho ニャーハット・ロン・タインホー)という劇場が有り、そこが会場です。 一階の客席と、それを見下ろす、周囲の2,3,4階のヨーロッパ風客席、そうですね1200人くらい入るでしょうか。

こじんまりしていますが、中々響きの良いホールです。

曲目は、チャイコフスキーの5番と、ピアノ協奏曲の二つのプログラムでした。

まずはピアノ協奏曲でしたが、まずそのスタインウェイが、全く「調律されていない」ようなひどい音で、あきれはてました。

この曲は変ロ短調で、CとF以外は全て♭(黒鍵)と言う、運指が比較的容易であるけれども、読譜は極めて困難で弾き間違いが多い曲です。

チャイコフスキーはこの曲をルービンシュタインに献呈したのですが、彼から酷評されてハンス・フォン・ビューローへ献呈し直した、と言う逸話がありますね。

ピアニストは、「田村 響」と言う、オーストリアのザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学を経て、現在、大阪音楽大学大学院在学中の、(インターネットによれば)「現在、日本で最も注目されている若手ピアニストの一人」という演奏家でしたが、正直、「出来が悪い」としか思えない演奏でした。

弾き間違いが何箇所かあったのは、仕方がないとしても、音が「ブツブツ」と切れて、音楽がつながらない。特にチャイコフスキー独特の高音の「泣きたくなるような」流れるような旋律が聞こえてこない、かと思うと、ペダルを多用しすぎて音が濁る。と言う具合でした。ピアノのせいもあったかもしれませんが、残念な演奏でした。

オケの方は、まあ、うちの長女がフェリスの中高でやっていたオケよりは少しましか?という程度でした。数年前にニューヨークフィルが来た時には、「ボーイングも揃っていない」ので、「ちゃんと練習してきたのか!」と腹が立ちましたが、昨日のオケはボーイングは揃っていましたから、まあ練習は一生懸命にやってきたのだろうと思います。

でも、楽器が悪いのかなあ。オケの鳴りも悪く、チャイコフスキーのロシアの響きには、到底届いていませんでした。旋律も聴こえてこないし。

二流のオケに共通の事ですが、管の鳴りが悪いのと、何故か音程が悪いのも気になりました。

一つだけ、ティンパニーが素晴らしく鳴っていました。顔が日本人みたいなので、そうかな?とも思いましたが、リストを見るとやはりベトナム人の名前でしたね。このオケには、日本人の演奏家の名前はありませんでしたね。

S席のチケット代は一枚約¥5,000.-で、此処の物価から見ると、大変な値段です。

今度また良さそうなプログラムが有ったら、「気をとりなおして」聴きに行ってご報告いたします。(2014/6/8)


編集部 面白く読ませて頂きました。ちょっとビックリしました。ハノイってそんなに民度が低かったかなー、っていう感じです。

私は貴レポートを拝見するまでは、長いフランス統治時代の影響で民度も文化度も相当なものだと思っていたのですが、現実は相当遅れていますネ。きっと素晴らしいオペラハウスが泣いていることでしょう。

そうですか・・・未だに指揮者もピアニストも外人(日本人)頼りですか。オケの調律さえままならない?本名氏も、そんなところでよくやっているよなー、ベトナム戦では、あれほどアメリカを困らせる強固な民族性を発揮したのにねー・・・

イヤイヤ、思いもかけぬいい勉強をさせてもらいました。これからのレポートを楽しみにしています。お元気でご活躍ください。(オザサ・6/9)


カッパさん、
久しぶりでござんす。
末続@ハノイでやんす。

やっぱり、ベトナム人は、オーケストラには向かない、と思う。
大体、「他人に迷惑をかけない」とか、「他人のことを思いやる」とか、「礼儀を守る」とか、「順番を守る」などと言うことが、全く出来無いからねえ。
交差点でも、自分が1センチでも先に行こうとするから、結局誰も通れなくて、にっちもさっちもいかなくなる。とにかく「自分が先に突っ込む」ことしか考えねえ。
今朝タクシーに乗って会社に来る途中でも、バイクが(ちょっと待ちゃあ良いのに)突っ込んでくるから、結局誰も先に進めない。全く、頭に来た。
エレベーターだって、こっちが降りようとするのに構わず乗ってくるから、そのたびに突き飛ばさなくてはならぬ。で、突き飛ばされると、「ポカン」とした顔をしておる。

1000年の中国による支配、200年のフランスによる支配、40年間の、第一次(対フランス)/第二次(対アメリカ)インドシナ戦争が、こういう国民性を作ったんだろうかね。
倫理とか、礼儀とかいう言葉は無いのか。
(寺に行けば、儒教の教えなんかが書いては有るけどねえ??)

だから、「協調」が無いから、オケも無理なんだ。
朝のバイクに頭が来たので、つい書いちまった。

ベトナムシンフォニーの次の「モーツァルトサイクル」と言うお知らせが来たので、見てみたら、
スクリアビン
ときた。なんでこれがモーツアルトかよ??
トリスタンとイゾルデもやるらしいけど、今回は止めとく。

では。(2014/6/19)


「久しぶりでござんす」って、10日ぶりなんだけど・・・(かっぱ)