その他の趣味・同好会
第42回「歩こう会」特別企画
木曾旧中山道
「奈良井宿・安曇野篠ノ井線廃線路」を歩いて
2013/10/12-14
 
三門 康男(15期)
橋本  曜(1期)

「歩こう会」は10月12日〜14日の2泊3日、木曽路、安曇野のウォーキングを開催いたしました。今回は42回目のウォーキングであり、通算の歩行距離が1000kmを越えた記念の会でもありました。

雲一つない快晴に恵まれた二日間でした。

第一日目
藪原宿から始まった中山道歩きでは、280メートルの高低差はちょっときつかったけれども、樹木に覆われていたおかげで、暑さも感じず登り切りました。

奈良井宿は、町の皆さんの古き物への愛着がひしひしと感ぜられる町並みで、是非これからも残してほしいと思います。ここ奈良井宿には巨大な太鼓橋があります。樹齢300年の木曾檜を使用した長さ30メートルを超す太鼓橋はお見事。日本一だとか。我々全員で乗ってもビクともしない造りでした?

木曾平沢宿は、全家屋が漆屋かと思える町並みに、びっくりしました。

贄川宿では深澤家のどっしりした家構えと、贄川関所は歴史を感じさせました。

夜は、恒例の飲み会.愉しかったな。それに隣室の地元の「合唱団まい」との合唱交流もあったし、また同合唱団に所属していた楽友三田会30期の平鹿一久君と奇跡の出会いもありました。頑張ってますね!

第二日目
松本駅にて荷物を預け、バスで長峰山へ。このバスは連絡の不徹底から30分遅れでしたが、バス会社は遅れのお詫びというか、マイクロバスで行く予定が大型バスに乗せてくれて、しかも5000円の値引きまでしてくれた。東京など大都会では絶対おこらないことが、このような地方ではおこるし、またその人情味が感ぜられる,嬉しいひと時でした。

長峰山からの北アルプスは素晴らしかったな・・・秋空の澄み切った空気に浮かぶ主役「常念岳」を中心に穂高岳、大天井岳、爺ヶ岳等々を控え、まさにパノラマ風景でした。これ等をバックに記念写真をパチリ。

ここから道を下り、小さな池の畔まで歩き、そこに先に来ていたバスに乗り、篠ノ井線廃線の出発地点まで行く。

篠ノ井線廃線路は、がけ崩れが多い為、新線はほとんどがトンネルの中を走っている。その残った線路のレールを取り除いただけの道で、決して歩き易い道ではないが、トンネルをくぐり、残された信号機や踏切を過ぎ、赤みがかった樹木を楽しむには素晴らしい場所でした。

そうそう廃線路の終わり近くにある東平庵で昼食を摂ったが、そこの主人の宝さんの話は面白かったな。30分近く話を聞きながら食事をしました。この地方の名物「おやき」を食べましたが、ズッシリと重量感があり、奈良井宿で食べた「おやき」とは全然くらべものにもならないものでした。ザザ(3期)曰く、「オヤキ」を昼食代りに2つ食べたけれど、どっしりと腹に堪え満足した、と。ここ東平庵の「おやき」をご飯とすれば、奈良井宿のそれは菓子パンか。

この後,犀川を逆のぼり、山葵で有名な「大王わさび田」で休憩しました。山葵ソフトクリームを食べたっけ。この安曇野地区一帯は湧水が多くあり、ワサビ栽培が適しているそうです。また錦鯉の養殖も盛んですね。

そのあと太陽が傾むく頃、安曇野平野を流れる犀川の一支流である万水川(よろずいかわ)を遡り、皆さん怪我もなく無事に終点・柏矢町駅に到着しました。

                                 [橋本 曜(1期)記]


「歩こう会」のこれから
今までには、厳しい行程もありましたがよく頑張りました。しかし、これに満足することなく、私達の挑戦はこれからも続きます。「新たな1000kmへのいざない」があります。

みなさまの参加をお待ちしています。
毎年、基本的には1月,3月,5月,7月,9月,11月の最終日曜日をウォーキングの日と決めておりますが、気候の影響や特別企画のため、開催時期が多少変わることがあります。(
三門康男)


Top
Topics
Chronicle
High-school
Univ.
OB/OG
FEST
Anthology
Editor's
Links
BBS
Updates