慶應義塾楽友会クロニクル
楽友会前史(4) : 「音楽愛好会」の発展

前頁の表にみるように、塾高創設(48年)と共に始まった「音楽愛好会」は、その3年後に52名の会員を数える立派な組織に成長しました。この時、塾高全体の生徒数は3学年総計で約2,700名ですから、愛好会員比率は2%にしか過ぎません。しかし、この男声合唱団が、今日の楽友会醸成の礎石となったのです。

この草創期に際立つ特徴は外部演奏会、それも当代一流の指揮者・演奏団体への出演が主になっている、ということです。曲目はベートーヴェンの「第九交響曲(合唱つき)」。現在はもちろん、当時の素人の高校生にとっては稀有の幸運であり、それが原動力となって発展が加速したことと思われます。

それに拍車をかけたのが、50年に新設されたばかりの女子高校と提携し、混声合唱団を発足させたことでしょう。黒い制服・制帽のひしめく日吉の丘に、明るいグレーの制服に身を包んだ清楚な女子高生の姿と歌声が、新鮮な驚きと喜びをもたらしたはずです。

驚くべきことに、そのできたばかりの混声合唱団が、早くもその年11月に、ハイドンのオラトリオ「天地創造」を全曲上演しています。女声陣は4月に高校生になったばかりの一年生。その大半が生まれて初めての楽譜やドイツ語の特訓を受けて演奏に臨んだのです。男声陣といえども、推定平均年齢17歳の、ようやく変声期を過ぎたばかりの高校生。しかも両校は地理的に日吉と三田で約1時間半も離れており、合同練習は週末の午後と夏休みに限られていました。よくもこれだけの大曲が仕上がったものと驚嘆します。

こうした、現在からみれば、無謀とも思える壮挙の舞台裏に、自ずと岡田名誉会長の若き日の姿が浮かんできます。当時25歳推定。新進気鋭の先生は、類もまれな音楽的才能と向上心、そして恵まれた人脈をバックに、獅子奮迅の勢いでこれらの実現に邁進されたのです。

敗戦から僅かに5年。成人男性が著しく減少し、戦災で焦土と化した国の復興は進まず、生活が困窮し、人心が日々にすさんでいく中で、心ある人々に音楽を求める声が高まりました。そうした時代の要請にこたえるのに「第九」程ふさわしい音楽が他にあったでしょうか。軍歌に代え、自由と平和を讃美する「歓喜の歌」が人々の渇いた心を鼓舞するものと期待されました。ところが、合唱できる男声の数が絶対的に不足していたのです。

そのような時代だからこそ、普通高校の男子生徒がいきなり日比谷公会堂という、当時最高の晴れ舞台に登壇することができたといえるでしょう。しかし、もしそこに岡田先生と、先生の恩師である有馬先生や尾高先生がおられなかったら、慶應の音楽愛好会員が、その光栄に浴することはなかったでしょう。

「天地創造」の全曲演奏にしても、岡田先生の存在なくしては語れません。前述の「音楽愛好会生ひ立ちの記」によれば、その演奏会の主催者が中等部となっています。なぜ「中等部」なのか。不思議に思い、色々と調べた結果、次のようなことが分かりました。「ような」と書くのは、事実の裏付けとなる資料はなく、あくまでも関係者の記憶や傍証をまとめた類推に過ぎないからです。けれども、大筋として次のような経緯で事が進んだことは間違いないものと思われます。


読売ホールでのコンサート,1950/11/10
①中等部の音楽教諭をしておられた芥川也寸志先生が退任された。
②その補充のため、中等部主事の池田弥三郎先生が岡田先生に、塾高と中等部との兼務を懇請された。
③これを受け、岡田先生と中等部との交流が始まった。
④折しも女子高等学校が創設され、そこに中等部は初代校長の中村精先生はじめ多くの教職員と、51年卒業の女子生徒を送った。
⑤中村校長はそれを記念する事業の一環として、大音楽会の開催を思い立ち、その実現を中等部と岡田先生に要請された。


プログラムをクリックで拡大

拡大画像が開かない方、Adobe Readerは無料でダウンロードできます。⇒こちら

⑥それを受けた岡田先生は、池田主事と相談のうえ、女子高の創設と新時代の幕開け、そして慶應義塾として初めての混声合唱団の誕生を祝うにふさわしい音楽として「天地創造」を選び、日吉と三田を往復しつつ激しい練習を開始された。
⑦そして半年後の50年11月10日、中等部主催、岡田先生指揮、ピアノ伴奏・渡辺恵美子先生女子高・初代音楽教諭による約2時間半のハイドンのオラトリオ「天地創造」全曲の演奏会於:読売ホールが実現した、ということになります。

日本が三等国になり下がったどん底の時代。先生のご苦労には想像を絶するものがあります。しかし先生ご自身は「追想:40回の定期演奏会」参照:Anthology→記念文集で当時を回想し、「(天地創造)の練習用に、男の上級生たちは全合唱曲の楽譜をガリ版刷りで仕上げて皆に配りました。この曲への彼らの情熱が偲ばれます」と特記して、むしろ会員たちの努力を称えておられます。

かくして若き血に燃えた師弟一丸の共同体が、塾内初の混声合唱団「楽友会」の素地を固めたのです。そして会誌「楽友」を創刊することによって、師弟と男女両校の絆をより強固なものにしようと努力されたのです。岡田先生にお借りしたその創刊号は、今ではページをめくるのも怖いくらいボロボロになったワラ半紙製、変形B5判、全74ページの手書き謄写印刷の古本です。しかし、その内容は先生方からの寄稿9編、学生たちの感想文や研究発表26編、編集係がまとめた会員紹介や記録からなる貴重な文集で、往時を彷彿させる立派なものでした。

その全てを転載できないのは残念ですが、巻頭に掲げられた“Musik ist die höhere Offenbarung als alle Weisheit und Philosophie” – Beethoven –(「音楽はすべての真理や哲学より高き啓示である」-ベートーヴェン-)という金句と、編集後記に相当する次の文章だけは、ぜひご紹介しておきたいと思います。ここに高い志操と、誠実で情熱あふれる諸先輩の心意気を感じるからです。

「1951年卒業生並びに編集者のことば

我々現3年生の会員は全員めでたく卒業できることになって皆様方やお世話になった方々に深く感謝している次第です。我々は会のためには何の役にも立つ事が出来なかったけれども、卒業に際し、最後のご奉公としてこの会誌「楽友」の創刊の仕事をさせてもらいました。が、初めてのことではあり時間の不足、万事につけて未熟であること等のため、せっかくご寄稿くださったのに、このような不出来なものになってしまい申し訳ないと思っています。

しかし会誌の赤ちゃんが生まれたのですから皆で立派に育てていきたいものです。今後この会誌がどう育っていくかは全会員の理解と努力によります。これからは全会員の協力によって音楽愛好会を発展させるとともに、この会誌も立派に育てあげてください。卒業生一同、心からのお願いです。

ご多忙中ご寄稿くださった川島理事、村田武雄先生、中等部、女子高校、高等学校の先生方、並びに女子高校生徒、及び本会々員の諸君に深く感謝します。

今回は発刊時が悪く、会員の投稿が非常に少なかったことは残念です。次号からは奮って投稿くださるよう願います。

なお、作品(作曲)を募集しましたが今回は編集上の都合により誌上発表を中止することになりましたので、応募くださった方々には深くお詫びします。(1951年3月3日)

編集責任者 進藤  重行 十合  啓一      
編 集 委 員 明石  準 藤本  祐三 藤原  宏 葉山  雅章 伊東  毅
  抱  勇雄 小林  亜星 島  三郎 田野中  勇 内村  宏
  吉田  亮一 芳野  一夫      

編集部注: 
  1. 岡田先生は会長として「創刊のことば」と「N先生」の2編を寄せておられます。
  2. 川島理事の「混声合唱団の若い人達へ」と題する一文は、記念文集に掲載してあります。
  3. 村田武雄先生のご寄稿は「モーツァルトの『鎮魂曲』」と題した随想です。
  4. 編集に携わった上記14名の方々は全員1951年塾高卒業生で、この創刊号が一致協力の賜物であったことを示唆します。なお、表紙のデザインと文中のカットは抱 勇雄編集委員によるものです。
  5. 一部勝手ながら、常用漢字と新かなづかいに改めました。
  6. 発行者は慶應義塾高等学校音楽愛好会、編集者は同編集委員会で、印刷・製本は日之出謄写機商会大崎への外注です。

FEST