慶應義塾大学混声合唱団楽友会

 

「マリスステラ・コンサート」のご案内

伏見 卓也56期・大学幹事長)

楽友三田会の皆様

5月2日の六連定演には、たくさんの方のご来場ありがとうございました。大変うれしく、現役一同を代表して心からお礼申しあげます。

その演奏会が終わったばかりですが、私たちはその後さらに忙しい毎日を送っております。例年この時期にはマリスステラ・コンサートがあり、その合同ステージ・上級生ステージ・1年生ステージ・大学個別ステージと、たくさんの曲を1か月で仕上げなくてはならず、とても忙しくなってしまうのです。

しかも今年は、4年ごとにまわってくるホスト校の役割も果たさなければなりません。慣れないことばかり、すべてが手探りの中で、アッという間に本番まで後1か月を残すのみとなりました。

例年なら「演奏を聴きに来てください!」とお願いするだけですが、今回ばかりは先輩諸兄姉に、私たちが1から考えて運営している様子もぜひともご覧いただきたく、下記ご参照のうえ、ぜひご来場くださいますようお願い申しあげます。
なお、入場料は前売り800円、当日売り1,000円となっており、前売り券は次のホームページからご購入いただけます。http://www.gakuyu-kai.net/maris_stella/

マリスステラ・コンサートVol.3

日時:2010年6月13日(日)14:00開場 14:30開演

場所:武蔵野市民文化会館大ホール(詳細はチラシを拡大してご覧ください)

楽友会出演プログラム

◆全体ステージ:         
         ●混声合唱曲集「風と笛と太陽」(作詩/竹中郁・作曲/信長貴富)
             1)竹のように 2)ゆびのさき 3)風 4)あの笛
           指揮/ 栗山文昭  ピアノ/ 寺嶋陸也

◆1年生ステージ:
         ●作曲/ Percy Grainger:1)Irish Tune from County Derry. (デリー地方のアイルランド民謡)、
                 2)I'm Seventeen Come Sunday.(日曜日になればわたしは17歳)
         ●作曲/ Samuel Barber - from Hermit Songs.(隠者の歌より- Op.29):
                The Monk and His Cat.(修道僧と猫)
         ●作曲/ Rihards Dubra:Ave Maria V
         ●作曲/ 新実徳英:「聞こえる」
            指揮/ 小林恵子

◆上級生ステージ:
         ●作曲/ Giovanni Pierluigi da Palestrina:Dies sanctificatus (聖なる日は)
         ●作曲/ Morten Lauridsen:O nata lux(光より生まれし光)
         ●作曲/ Francis Poulenc:Timor et tremor(恐れとおののき、我を襲い)
         ●作曲/ Johannes Brahms:Ein deutsches Requiemより
               Wie lieblich sind deine Wohnungen(万軍の主よ、あなたの住まいは)
           指揮/ 藤井宏樹  ピアノ/ 安次嶺景子・五味貴秋

◆楽友会ステージ:
         ●「混声合唱組曲 筑後川」(作詞/ 丸山豊・作曲/ 團伊玖磨)より「みなかみ」
           指揮/ 橋本亜依(学生)  伴奏/ 吉田絢香
          ●作曲/ Maurice Durufll:「Quatre motets Op.10」より
               T.Ubi caritas V.Tu es Petrus W.Tantum ergo
           指揮/ 栗山文昭