慶應義塾大学混声合唱団楽友会

慶應義塾大学混声合唱団楽友会
第61回定期演奏会のご案内
 

太田 紋乃(大学楽友会・女性庶務(59期))


いよいよ秋も本番となり、皆様ますますご健勝のことと存じます。楽友会3年の太田紋乃です。日頃はいろいろとお世話になり、お礼申し上げます。

来たる12月17日開催の定期演奏会のお知らせをさせていただきます!!

お忙しい時期とは存じますが、OBOGの皆様のお越しを心よりお待ちしております。

⇒ チラシ拡大

日 時2012年12月17日(月)18:30開場 19:00開演
 
会 場「杉並公会堂」大ホール ⇒アクセス

  (JR中央・総武線、東京メトロ丸の内線「荻窪駅」北口より徒歩7分)

チケット全席自由1000円(高校生以下無料) 詳細は下記参照

<演奏曲目>

♪『Songs』より
めぐり逢い、昨日のしみ、三月のうた、MI・YO・TA、死んだ男の残したものは
作詞:谷川俊太郎、荒木一郎
作曲:武満徹 編曲:寺嶋陸也
指揮:栗山文昭
ピアノ:寺嶋陸也

♪混声合唱組曲『白秋による三つの楽想』
風、蛍に、月夜の谿
作詞:北原白秋 作曲:萩原英彦
指揮:山口苑子(学生)

♪合唱劇『なめとこ山の熊』
原作:宮沢賢治 作曲:林 光
指揮:栗山文昭 演出:しままなぶ
フルート:渡辺泰
ヴィオラ:木村恵子
ファゴット:高橋誠一郎
パーカッション:加藤恭子
照明:大鷲良一(創光房)

♪なめとこ山の熊、という宮沢賢治の童話をご存じでしょうか。生計を立てるため熊取りとして山に生きる小十郎と、そこに住む熊たちのお話です。狩る側狩られる側という厳しい関係にあるはずの両者の間に起こる不思議な物語を、岩手出身の作家宮沢賢治が、独特の感性と優しさで描き出します。厳しくも美しい自然の中にあるいのちの有様を、私たちの音楽から感じ取ってもらえれば幸いです。かわいらしいソロの見せ場もあるほか、舞台装置や衣装も勉強やアルバイトの合間をぬってせっせと作っています。ご期待ください!!

♪夏前から一生懸命取り組んできた歌はどれも名曲ぞろいです。この舞台を作り上げるために大学生活の大半をともに過ごしてきた仲間と、そしてご来場の皆様がいてくださって初めて演奏会ができあがります。今年のメンバーにしかできない音楽を、そして感動を必ず皆様にお届けするとお約束します!どうかどうか、たくさんの先輩方のお越しをお待ちしています!

チケット

全席自由1000円(高校生以下無料)

◆お問い合わせ:E-mail

◆チケットをご希望の方は【お名前・期・枚数】を添えて
太田 紋乃

【12月10日(月)】までにメールでお申込みください。

◆お支払いは当日精算・銀行振り込みのいずれかでお願いいたします。
後者の場合は以下の口座にお振込みください。
三菱東京UFJ銀行
日吉駅前支店
普通 口座番号:0072591
口座名義 ケイオウギジュクダイガクコンセイガッショウダンガクユウカイ ムラカミハルカ
(漢字では 慶應義塾大学混声合唱団楽友会 村上遥 になります。)