Editor's note 2021/7

HP楽友14年目に入ります。コロナは東京オリンピックに向けて、驚くような感染者数がマスコミのニュースに現れると予測しています。みなさん、練習も本番も次々と中止となることでしょう。

訃報係今年の初夏は何ということか、小林亜星さんの訃報に続き、仲良くしてきたミュージシャンが2人亡くなりました。ブルージーンズの寺内タケシさんとシャープス&フラッツの原 信夫さんです。

寂しくなりました。私のサイトの訃報ページの内容です。
 


寺内タケシ(1939-2021)

寺内タケシが昨日、6月18日夜に肺炎のため亡くなりました。82歳でした。春先に誤嚥性肺炎を起こし、入院し回復に向かってリハビリをしていたところでしたが、18日午後に急変し、帰らぬ人となりました。

エレキを日本で最初に作ったのは寺内が子供時代でした。土浦の電気屋で生まれ、自分でギターマイクやアンプなどを作ったのです。大学も関東学院大学の電気工学科出身です。

ブルージーンズは誰もが知るグループサウンズの走りです。メンバーには、後のワイルドワンズを結成した加瀬邦彦がサイドギターを弾いていました。加瀬は私と幼稚舎時代からの同級生です。

加瀬は2015年4月に74歳の若さで、あの世に引っ越して行きました。今頃、寺内と2人でギターを弾いているのかも。  ⇒ 加瀬邦彦のページへ

寺内はスキーも指導員で、私とは蔵王でのお友達なのです。私のスキーの師匠、岸 英三オヤジのところにやって来ました。ビックリしましたね。蔵王ハイムスキースクールの歌を書き、岸 英三校長に捧げました。確か、「蔵王讃歌」というタイトルでした。ハイムのロッジにバンドを連れてきて、蔵王讃歌のご披露がありました。

蔵王から譜面が送られてきました。


作詞:岸 英三  作曲:寺内タケシ

90年代の初めに「青春へのメッセージ」という歌を作詞作曲しました。珍しく自分で歌いました。すぐに譜面を起こしました。かつて、エレキは不良を作ると言われた時代があります。非行の温床とされたエレキギターへの誤解を解くため、全国の高校を回る「ハイスクールコンサート」を1974年に始め、2010年には1500校を達成しました。そのハイスクールコンサートで歌った歌がこれだ!

 

https://youtu.be/7jIyI3uA93Y

最後に話をしたのは、2004年にティアラ江東でのコンサートの時でした。ホールの入り口のデスクで座って、聴きに来たお客さんと挨拶していたのです。ほんとうに久し振りでした。この時「青春へのメッセージ」をラストに歌いました。忘れ去っていた話を、今、思い出しています。

最後に顔を見たのは2015年11月、西村 協の45周年コンサートにゲストで出た時です。西村 協は、かつてブルージーンズのボーカルだったのです。

とにかく、頭のいい人でした。ご冥福をお祈りします。 R.I.P.

(2021/6/19)


シャープス&フラッツの原 信夫さんが、つい先程、21日夜に肺炎のため亡くなりました。享年94歳でした。4月下旬に誤嚥性肺炎で入院。2か月間家には帰れないまま、でもそれ程苦しまず、大往生だったと・・・。R.I.P.

90歳、卒寿のお祝いパーティが2016年11月27日にHオークラで開催され、招待されて家内と行って来ました。#&♭は2008年11月にファイナル・コンサートが東京文化会館で開催され、その後、2010年まで全国をツアーしました。お祝いには、メンバーが皆揃いシャープのサウンドが再現しました。

奥様の愛子さんは、大原江里子の叔母さまで、我々オージーサンズのコーラスをよく聴いてくださったのです。草月ホールにもまり子さんに付き添われて来てくれました。残念ながら信夫さんより先に他界されたのです。

第一報が中川ヨウちゃんから先程、FBメッセンジャーに連絡がありました。下記の長文です。
Yo Nakagawa
Yoさんがメッセージを送信: 今日 0:18

若山先生

原信夫さんの訃報が、Facebookに上がっています。
残念です……

原信夫とシャープス&フラッツ
ジャズ・ビッグ・バンド「原信夫とシャープス&フラッツ」結成57年の歴史は、そのまま戦後の日本のポピュラー音楽の歴史そのものである。

◇ 配信情報は、コチラ(▼)
1951年9月、10人編成でシャープス&フラッツをスタートさせた原信夫は、短期間で現在と同じ17人編成のビッグ・バンド・スタイルを取り入れ、コンサート・バンドとも言うべき、デューク・エリントン楽団、カウント・ベイシー楽団などの本場のトップ・クラスを射程におさめた音楽活動を繰り広げていく。

1958年には初リサイタルを成功させ、NHK交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団との共演など、音楽性の高さは初期から評価された一方、国民的スターであった美空ひばりや江利チエミなどと出逢い、原信夫自身の作曲による美空ひばりの「真赤な太陽」が大ヒットするなど、全国的な規模で幅広いファンを獲得。

そうした多岐にわたる活動の中、1967年には日本人バンドとして初めてシャープス&フラッツは<アメリカ・ニューポート・ジャズ・フェスティバル>に出演し成功を収め、その後、アメリカ、ソビエト、ヨーロッパ、アジア各国から招待され世界中で公演を行った。さらにクインシー・ジョーンズ、サミー・デイヴィスJr.、ダイアナ・ロス、イブ・モンタン、パット・ブーン、ペリー・コモをはじめとする国際級の大スターたちとの共演も数多く、日本の音楽界への貢献だけでなく、世界の「シャープス&フラッツ」としてその実力をアピールしてきた。

こうした幅広く精力的な活動によって、南里文雄賞、芸術祭優秀賞、芸術祭賞、日本レコード大賞の功労賞など数々の賞に輝き、リーダーの原信夫は1988年に紫綬褒章を受章、1998年には勲四等旭日小綬賞を叙勲、永年の日本の音楽文化に対する貢献が高く評価されている。

シャープス・アンド・フラッツ現メンバー原信夫(ts/Leader)、佐藤達哉(ts)、猪目慎一(as)、大山日出男(as)、森川信幸(bs)、片岡雄三(tb)、佐藤俊次(tb)、橋本佳明(tb)、堂本雅樹(btb)、数原晋(tp)、マイク・ブライス(tp)、佐久間勲(tp)、菊池成浩(tp)、岩見淳三(g)、鷹野潔(pf)、店網邦雄(b)、板垣貴庸(ds)


⇒ シャープス&フラッツ ファイナル

(2021/6/22 2:09AM)


後記: 「かっぱさん、訃報編集係みたいですね」って誰かさんが言っています。

ホントに、昨年の暮から13人の訃報を書いています。細川綾子81歳、アルマンド・マンザネーロ85歳、大矢江美70歳、フィリス・マクガイア89歳、岡本喬生89歳、ジュニア・マンス92歳、チック・コリア79歳、ジョー・トンプソン92歳、B.J.トーマス78歳、数原 晋74歳、小林亜星88歳、寺内タケシ82歳、原 信夫94歳です。写真をクリックすると「訃報ページ」が見られます

 

(2021/7/7・わかやま)

次の稿
FEST